洋画

映画【レミゼラブル】のネタバレあらすじ・ムビチケ前売り券は?

小説・ミュージカル「レ・ミゼラブル」で知られる、現在は犯罪多発地区の一部となっているパリ郊外のモンフェルメイユを舞台に、現代社会が抱えている闇をリアルに描いたドラマ。

レ・ミゼラブルの作品情報

監督 ラジ・リ
脚本 ラジ・リ
ジョルダーノ・ジェデルリーニ
アレクシス・マネンティ
出演者 ダミアン・ボナール
アレクシス・マネンティ
ジェブリル・ゾンガ
イッサ・ペリカ
音楽 ピンク・ノイズ
公開日 2020年2月28日
上映時間 104分

レ・ミゼラブルの主演キャスト

ステファン:ダミアン・ボナール

クリス:アレクシス・マネンティ

グワダ:ジェブリル・ゾンガ

View this post on Instagram

Une légende?

A post shared by DJEBRIL ZONGA (@djebril_zonga) on

イッサ:イッサ・ペリカ

View this post on Instagram

#issaperica #cannes2019 #lesmiserables

A post shared by Le Mag Cinéma (@lemagcinema) on

レ・ミゼラブルの見どころや予告動画

レ・ミゼラブルのネタバレやあらすじ

パリ郊外に位置するモンフェルメイユの警察署。地方出身のステファンが犯罪防止班に新しく加わることとなった。知的で自制心のあるステファンは、未成年に対して粗暴な言動をとる気性の荒いクリス、警官である自分の力を信じて疑わないグワダとともにパトロールを開始する。そんな中、ステファンたちは複数のグループが緊張関係にあることを察知するが、イッサという名の少年が引き起こした些細な出来事から、事態は取り返しのつかない大きな騒動へと発展してしまう。

レ・ミゼラブルの口コミやレビュー

レ・ミゼラブルのまとめ

正直「そうはならんやろ」という展開が気になりますが、これもまた元ネタである小説『レ・ミゼラブル』と同様に現代のフランスの闇を描いたということなんでしょうか。
わざわざ『レ・ミゼラブル』なんて仰々しいタイトルをつけなくていいとも思ってる方も多いと思いますが、このタイトルの意味がわかる瞬間を目当てにこの作品を鑑賞するのもいいでしょう。