アニメ

Need not to knowの意味や文法は?コナンでは警察の隠語は本当?

名探偵コナンで様々な名言がありますが、今回は瞳の中の犯人の中での名言の中で一つの有名なセリフがあります。これが実際のところ訳し方にも寄ってくるのでしょうが、それによって意味も変わってきます

 

名探偵コナンでは僕はただの小学生だよ

 

と訳されていますが、実際のところ英語では知る必要のないことという意味で使われています

Need not to knowの意味は?

秘密保全体制の見直しや強化などについて情報が漏洩するリスクを必要に高めることを防止するために、need to noの原則というものがあり、情報は知る必要のある人のみに伝えて、知る必要のない人には伝えないということを、公務員の秘密事項の原則として守秘義務があります

コナンで使われたNeed not to knowの意味は?

それが警察の世界でもNeed not to knowの知る必要はないことと使われているのか?

警察官の中では隠語として説明されていましたが実際のところは警察では使っていない言葉になりますコナンの中では小田切警視庁が君は一体とコナンにNeed not to knowの僕はただの小学生だよと言って小田切警視庁が敬礼をしましたがこの意味については意味があるわけではなく説明もなく作品は終わっています小田切警視庁はコナンに対して自分が踏み込んでいい領域ではないと感じ取り敬礼をしたと考えられます