アニメ

プランダラ10話の無料見逃し動画の視聴はnetflixがお得?ネタバレ感想やpandoraやDailymotionでは見れない?

\プランダラ10話を見るならココ!/サービス名配信状況

配信サービス名 配信状況 無料期間
見放題
31日無料
プランダラ10話の動画を無料視聴する流れ

U-NEXTに登録をする

プランダラ10話を探す

U-NEXTを31日間無料体験を続けるか辞めるか辞めるなら解約でお金はかかりません
今すぐ全話動画無料視聴するU-NEXT31日無料動画見放題に登録

プランダラ10話のあらすじ

 

 

プランダラ10話のネタバレストーリー

リヒトーの真の力

園原と対峙するリヒトーは「撃墜王同士が争うときは決まりがあったはずだ」と彼女に問いかける。
それを受けて「賭けるわ、星を全て」と答える園原。
リヒトーも自らの星をすべて賭けて戦いを始める。

園原の銃撃に圧されるリヒトーを見て、カウント32000の園原と5700のリヒトーでは勝ち目がないと言う陽菜。
しかしペレはリヒトーが自らのカウントを上回るジェイルを圧倒したことを思い出し、リヒトーが力を隠していることを見抜いていた。
リヒトーが咆哮すると赤いオーラが立ち上りカウントは57000まで増える。
それを見て恍惚の表情を浮かべた園原だが、リヒトーの圧倒的な力に翻弄されて焦りを見せ始める。
別人のように変わってしまったリヒトーを見て混乱する陽菜たちに、ナナは「撃墜王は力を引き出せば引き出すほど別の人格に支配されてしまう」とリヒトーが前に話していたこと教える。

正気の戻った園原

ついに地上へと叩き落されてしまった園原はカウントが32000から16000まで下がってしい、まとっていた雰囲気も別のものとなる。
周囲の状況を見て自分のやったことを理解した園原は悲鳴を上げる、彼女もまた別の人格に支配されていたのだった。
ナナは園原こそがリヒトーが言っていた「最後まで1人も殺さなかった優しい撃墜王であり」そんな彼女に薬を打ってまでリヒトーにぶつけた黒幕がいることを示唆する。

園原に止めをさそうとするリヒトーを必死で止めようとする陽菜だが、今のリヒトーには陽菜たちのことすら分からなくなっていた。
陽菜に攻撃しようとするリヒトーを撃ち、注意を自分に向ける園原。
彼女は「300年間ずっと会いたかった」と心のなかで呟きながらリヒトーに締め上げられる。
桜が咲く学校の前で黒髪のリヒトーと園原が笑い合っている映像がフラッシュバックする。

ジェイルVSリヒトー

いよいよリヒトーが刃を振り下ろそうというときに重症を負って倒れていたジェイルが割って入る。
指先の鉄でリヒトーの刃を受け止めたジェイルは「俺の鉄は信念そのもの、今のお前の信念なき刃で俺の鉄は切れん」と言い放ち、リヒトーを吹き飛ばす。

「私が殺せば他の誰かが殺さなくて済む、敵を皆殺しにすれば大事な仲間たちが人殺しにならなくて済むんだ」と涙を流しながら語るリヒトー。
そのリヒトーの信念を聞いたジェイルは礼儀として全力でぶつかることを宣言する。

ジェイルは45000というカウントが刻まれたグローブを付けて獣人の姿をした鉄を作り出し、リヒトーを地面へと叩きつけるのだった。
リヒトーの被っている仮面を蹴り飛ばし「目は覚めたか?」と言うジェイル。
泣きながら「みんなごめん」と呟くリヒトーを見て陽菜たちに笑顔が戻るが、ジェイルは体力が限界となり倒れてしまった。
リィンたちが慌ててジェイルに駆け寄る横で、陽菜に膝枕されているリヒトーは申し訳無さそうに微笑むのだった。

シュメルマン元帥

教会で子どもたちにウサギとカメを読み聞かせる男。
彼が読み聞かせる物語では、カメは魔法使いに血を貰いウサギに追いつき殺してしまう。
そこへ部下と思われる軍人が報告にやって来る。
「作戦は失敗し園原少佐も正気に戻ってしまった」という報告に「気にすることはない、どうせ逃げられはしない」と返す男。
さらに「私は魔法使いだからね」と続ける男に、部下の軍人は「了解ですシュメルマン元帥閣下」と敬礼をするのだった

プランダラ10話感想・評価・まとめ!

園原水花たちの突然の襲撃も今回で一段落となりました。
裏では不穏な動きが続いているようですが、とりあえずは平和が戻ったということで安心です。

園原は前回のエピソードではサイコパスのような人格を持ち、町の人達を平気で殺していました。
またリヒトーに対する歪んだ執着もあり、好きになるのが難しそうなキャラクターだなと感じていましたが本来の人格ではなかったとは驚きです。
元の人格を取り戻した園原はとても優しくて気弱なキャラクターということが短い時間でも伝わってきました。
正気を取り戻した彼女がこれからリヒトーたちの物語にどう関わっていくのか楽しみです。

今回のエピソードで本気を出したリヒトーの強さには驚きでした。
カウントの数字も57000と跳ね上がり、園原を圧倒するシーンは爽快でしたね。
しかし強さを数字で表してしまう作品の宿命として、インフレを避けられないという点が少し心配な気もします。
物語が進んでいくにつれてカウントの扱いがどうなっていくのか、上手い落とし所を期待します。

なんと言っても今回のMVPはジェイルではないでしょうか。
園原とリヒトーの間に割って入り、そのままリヒトーを圧倒してしまいました。
自らを撃った園原を助けるという男気あふれる行動はもちろん「今のお前からは信念を感じない、信念なき刃で俺の鉄は切れん」という啖呵は格好良かったです。
また指先の鉄でリヒトーの刀を止めたり、57000のリヒトーに勝ってしまったりと、改めて強キャラであったことを理解しました。

ラストで現れたシュメルマン元帥という人物とリヒトーの別人格の「シュメルマンの殺意」という言葉の関係も気になります。
ただ次回予告を見る限り、次のエピソードは割と平和そうな雰囲気なので物語の本筋であるシリアスは一休みといったところでしょうか。

プランダラ10話の動画を無料視聴する流れ

U-NEXTに登録をする

プランダラ10話を探す

U-NEXTを31日間無料体験を続けるか辞めるか辞めるなら解約でお金はかかりません
今すぐ全話動画無料視聴するU-NEXT31日無料動画見放題に登録

 プランダラー他話見逃し無料動画フル視聴検索

プランダラ10話

プランダラ9話

プランダラ8話

プランダラ7話