アニメ

pet(ペット・アニメ)司と桂木の上下関係が変わり敬語の理由や原因は?ヒロキの記憶がいじられた?

 

ペットの心理戦というか頭脳戦が本当に面白いですねイメージを使える人ほど有利でそしてイメージも人によって強さが違ったり得意な分野が違ったりと様々な要因があって面白いですね、そして人間関係や人間模様が色々と気になる内容です。

 

この中で特に気になったのは、人間関係で最初は桂木が調子で、司が部下という人間関係でしたが、途中で上下関係が逆になりました。これはどういったことが要因だったのでしょう

 

司と桂木の上下関係が変わった理由

ペットの三話の終わりの時に司が弘樹の熱帯魚のペットショップで桂木に仕事の要件で呼ばれた時にそこまでは桂木が調子で、司が部下の状態でしたしかしその後車に乗った途端に司と桂木の関係性が、上下関係が逆になり、桂木が司に敬語を使うという状態になりました。今までであったら司やひろきに対してすごい口の悪さでまくし立てていましたが、突然2人きりになった途端に司に敬語を使う状態になりました。

ヒロキの記憶がいじられてる説

なぜこうなったか理由を考えてみるとヒロキが、記憶をいじられている節があります。いつもは桂木が、司に敬語を使っている状態なのですが、ヒロキの記憶がいじられているために司が敬語を使っているという状態を見せられています。

 

そのためにヒロキにとってはイメージを使い切れない、桂木が使えない奴のくせに調子という状態になっています。

 

しかし、現実では司が調子で、桂木が敬語を使っている状態です。

 

または突然昇給した説があります

司が桂木より昇給した説

突然昇給をしたために、以前までは桂木に敬語を使っていたものの上下関係が逆転した可能性があります。

 

しかし、ヒロキから離れた瞬間に、上下関係が変わったために出演者が正しいのかなと思います