ジブリ

映画千と千尋の神隠しの動画配信の無料フル視聴はnetflixがお得?pandoraやDailymotionでは見れない?ネタバレ感想考察あり

千と千尋の神隠し!映画の作品情報

監督 宮崎駿
脚本 宮崎駿
出演者 荻野千尋/柊瑠美
ハク/入野自由
湯婆婆/夏木マリ
音楽 久石譲
公開日 2001年7月20日
上映時間 124分

千と千尋の神隠し!映画の主演キャスト

荻野千尋/柊瑠美


ハク/入野自由


湯婆婆/夏木マリ

千と千尋の神隠し!映画の見どころや予告動画

千と千尋の神隠しあらすじ

家を引っ越しすることになり、両親とともに車で次に住む家に向かっていた。

しかし、10歳の千尋(声・柊瑠美)と両親は不思議な町に迷い込んでしまう。

両親は強欲で貪欲であったからか、ブタの姿に変えられてしまい、千尋は知らない町でたった独りぼっちになってしまった。

その町は、銭湯を経営する魔女、湯婆婆(声・夏木マリ)に支配されている八百万の神々が集まる世界だった。

この銭湯は、神々が温泉に入りに来ているところだった。

帰る道も、元の世界に戻る方法もわからない千尋はパニックになるが、謎の少年ハク(入野自由)がこの世界で生きていけばいいことを教える。

この世界で生きていくということは、魔女の湯婆婆(夏木マリ)が仕切る銭湯「油屋」で働くということだった。

千尋は湯婆婆と銭湯で働くの契約を交わし、本当の名前を奪れ服従させられてゆく。

新しい名前は、千尋の本名の荻野千尋うち3文字を奪われ「千」と名づけらる。

働き始めた油屋の千尋もとには、様々な客がやってくる・・・・

千と千尋の神隠しネタバレストーリーと結末ラスト

プロローグ
引っ越し先の新居に向かう千尋一家は、途中で道を間違えてしまい山の奥へ入っていく。そこでトンネルに辿り着く。

トンネルの向こうに行ってみようと父親は言うが、千尋は嫌な予感がして行きたくないと言う。車の中で待ってなさいと言われたが、一人で待っていることもできず一緒にトンネルの中に入っていくのだった。

トンネルの向こう側

トンネルを抜けると、街が見えていた。奥に向かっていくと、不思議なお店が並んでいるが、人が全くいない。しかし、その一角からいい匂いがしていた。匂いにつられ進んでいくと、たくさんの料理が並んでいるお店を見つける。ここにも誰もいないが、お店の人が帰ってきたらお金を払えばいいと、両親は勝手に料理を食べ始めてしまう。

一人街を歩く千尋は大きな建物(湯屋)を見つける。橋の上で千尋は男の子(ハク)に出会う。ハクは「ここにいてはいけない、夜が来る前に早く戻れ!」と千尋を追い返す。辺りが暗くなり、お店の明かりがともり始めると同時に、黒い影のような者たちが現れ始める。慌てて両親の所に戻る千尋だが、そこにいたのは豚になってしまった両親の姿だった。

必死にもと来た道を戻る千尋だったが、さっきはなかった川があり戻れなくなってしまう。怖がる千尋の所へハクがやってきて、「怖がるな、私はそなたの味方だ」と言い千尋を落ち着かせるのだった。

湯屋での生活

湯屋へ向かうハクと千尋だったが途中で人間だと気付かれてしまう。二人は急いで裏庭に隠れるが、湯屋では人間が入り込んだと大騒ぎになっていた。

ハクはボイラー室にいる釜爺(かまじい)にここで働きたいと頼むよう千尋に伝える。ここで生きていくためには仕事を持たなくてはいけないこと、仕事を持たないものはここを支配している魔女の湯婆婆(ゆばーば)に動物の姿にされてしまうことを教える。
そしてハクは「忘れないで、私は千尋の味方だからね」といい、千尋がなぜ名前を知っているのかと聞くと「そなたが小さい時から知っている、私の名前はハクだ」と言い湯屋の中へ入っていくのだった。

ハクの言う通りボイラー室に向かった千尋は、釜爺に「ここで働かせてください」と頼むが、手は足りていると断られてしまう。
そこへ、釜爺に食事を届けに女の子(リン)がやってくる。釜爺はリンに湯婆婆のところまで連れてってほしいと頼むのだった。仕事をするためには湯婆婆と契約をしなければいけないからだ。

リンにかくまってもらいながら、湯婆婆がいるところまで辿り着いた千尋。
「ここで働かせてください!」と頼む千尋に湯婆婆は、さっさと帰るように言うが、それでも「働かせてください!」と叫ぶ千尋に折れるのだった。
契約書に名前を書いた千尋。今日からお前の名前は千(せん)だよと言われるのだった。
そこへハクが現れるが、さっき会った時とは違い冷たい態度のハク。千は驚いて何も言えなくなってしまう。

朝、ハクがお父さんとお母さんに会わせてあげると言うので一緒に豚小屋に向かうが、二人は何も覚えていないという。きっと助けてあげるからねと声を掛け、その場を離れるのだった。

ハクは最初に着ていた服を千に渡す。

そこで千は自分の名前が千尋だった事を思い出す。湯婆婆は相手の名前を奪って支配し、名を奪われると帰り道がわからなくなってしまうと言う。ハクも自分の名前が思い出せないが、なぜか千尋のことは覚えていたのだった。
ハクは「千尋の元気が出るようにまじないをかけて作ったんだ」とおにぎりを渡し、千はおにぎりを食べながら大粒の涙を流すのだった。

千は雨の中外に佇んでいる者(カオナシ)を見つけお客さんだと思い、中へ招き入れてしまう。
一方、お腐れ神が湯屋に向かってきており、世話をするように言われた千はお湯の中で体に何か刺さっているのを見つける。それを引っ張り出すとたくさんの粗大ごみが出てくるのだった。本当はお腐れ神などではなく名のある川の主だったことがわかる。川の主が去った後、千の手の中には泥団子が、周りにはたくさんの砂金が落ちており大騒ぎになっていた。夜、その様子を見ていたカオナシは手の平から大量の金を出し、皆に自分をもてなすよう言うのだった。
ハクのために
一人部屋にいた千は紙の鳥に襲われている白龍を見つける。思わずハク!と叫ぶ千。苦しみながら湯婆婆の部屋まで飛んでいくハクを追いかけるのだった。
ハクを追いかけている途中、カオナシと遭遇した千にカオナシは金を差し出すが、いらないと断られ暴走し始める。

千が湯婆婆の部屋まで行くと、千の背中についていた紙の鳥が湯婆婆の姿に変わる。その正体は湯婆婆の双子の姉の銭婆(ぜにーば)だったのだ。銭婆は坊や湯婆婆の手下の鳥の姿をネズミとハエドリに変えてしまう。銭婆から、ハクが大事なハンコを盗んだこと、盗んだ者が死ぬようにとまじないがかけてある事をきいた千。苦しむハクを何とか助けようともらった泥団子をハクに食べさせる。ハクは苦しそうにしていたがハンコを吐き出すと人の姿に戻ったのだった。千はその場にいた釜爺に「銭婆の所へ行ってハンコを返してくる!謝って、ハクを助けてもらう!」という。ハクに助けてもらったから今度は私がハクを助けたいと伝えると、銭婆のところへ行くための電車のチケットをくれるのだった。

カオナシが千を呼んで暴れていると言うので会いに行く。暴れはじめたカオナシに泥団子を食べさせるとカオナシも次第に元の姿に戻るのだった。千はカオナシと坊たちと一緒に銭婆の所に向かう。
銭婆の家に着いた千はハンコを返して謝るのだった。

一方、ハクは湯婆婆のところへ行き、大事なものがすり替わったことに気が付かないのかと言う。その言葉にはじめて坊が入れ替わっていることに気が付いた湯婆婆。ハクは「坊を連れ戻してきます。その代わり千と両親を人間の世界に戻してやってください」と頼むのだった。

千は銭婆からおまもりの髪ゴムをもらうと、お礼を言い別れる。迎えに来たハクの背に乗って飛んでいく。そして、ある光景を思い出した千はハクの本当の名前を思い出す。あなたの本当の名前はコハク川と千が告げると、人の姿に戻ったハクが「千尋ありがとう、私の本当の名はニギハヤミコハクヌシだ」と言うのだった。

エピローグ

湯屋に戻ってきた千をみんなが出迎える。湯婆婆は並んでいる豚の中から両親を当てることが出来たらお前たちは自由だと言う。千は、ここにはお父さんとお母さんはいないと見事に正解するのだった。
湯屋のみんなに別れを告げハクと走り出す千尋。ハクからトンネルを出るまでは振り返ってはいけないと忠告される。千尋は元の世界できっと会おうと約束をしてハクと別れるのだった。元の道を行くとお父さんとお母さんが待っていた。不安な顔でトンネルを歩く千尋。
トンネルを抜けると元の場所に戻っていた。そして、千尋はじっとトンネルの方を見つめるのだった。
感想
私がこの作品を初めて見たのは中学生の時なんですが、その時は面白い!ハクかっこいい!!と言っていました。今は千尋とほぼ同じ年のこどもがいるのですが、自分では何もできなかった子がこんなに立派になって(ホロリ)みたいな風に思って見てしまうんですよね。でも、何年経っても見方が変わっても楽しめる作品なんて素晴らしいですよね!ちなみにわが子もハクかっこいい!!と言っております。同じ…
以上、千と千尋の神隠しのネタバレ感想でした!

千と千尋の神隠し映画の口コミやレビュー