アニメ

pet8話(アニメ)無料動画見逃し視聴・ネタバレ感想pandoraやDailymotionでは見れない?

 

pet8話のあらすじ

司に社員登用の話は来ているのではないか。悟の何気ない一言に司への疑念が浮かんでは消えるヒロキ。
その思いを振り払い、悟とともにヒロキは要人を潰すミッションへ向かう──。

pet8話のネタバレストーリー

petたちの次の仕事

要人を潰す仕事のためにホテルの一室でボーイに扮する悟は、ジンにロンが実行した暗殺の記事を見せられていた。
陳一族の大老を暗殺しその息子を操り人形にしたことで会社は上海でのルートを手に入れていたのだ。
そして今日のターゲットである大使はその息子が愛人に産ませた子供であるという。
社長は陳一族の遺産を相続するために後の憂いを完全に断つつもりなのだ。
悟はジンが会社の思惑を詳しく話してくれるのは「自分が社員に誘われているからですか?」と問う。
ジンに額の傷跡を隠してもらいながら、社員に誘われている件は林さんに相談しないとわからないと答える悟。
しかしジンは「悟ももうすぐ二十歳なのだから、いつまでも林に頼らずに自分で考えても良いのでは?」と提言するのだった。

熱帯魚ショップでもヒロキがこの仕事のためにボーイに扮する準備をしていた。
そんなヒロキの格好を見て笑う司に、ヒロキは蝶ネクタイを外してしまう。
ヒロキをなだめる司はさらに「悟のことは信用するな、イメージを持っているからって仲間とは限らない」と忠告する。
そこにうるさくブザーをならし桂木が迎えにやってくる。
桂木にまでからかわれ機嫌を損ねるヒロキだが、司に促されて仕事へと向かって行くのだった。

一人残った司はこの後行われる社長やロンたちとの会食の準備を始める。
潰れたはずの自分が平然としていることに社長たちが驚異を感じていることを想像して上機嫌の司。
鼻歌交じりにスーツへと着替えるなか、悟を潰す計画を思案する。
鍵を持たないメイリンを見た悟が自らのヤマにメイリンを招くことを司は確信している、なぜならメイリンのヤマは林さんから分けてもらったものだから。
司はそのときに自らも悟のヤマに入り彼を潰す気でいた。
しかし上機嫌に思案しながらも林さんにことを思い浮かべた瞬間に司は嘔吐していたのだった。

そして会場へ

悟、ヒロキ、ジン、桂木の実行役4人がホテルの駐車場へと到着する。
会場に向かう悟に対してジンは社員登用の件はヒロキには内緒だと釘を刺す。
悟を見送りながらジンと桂木は今後の手はずを確認するのだった。

ジンに釘を差された悟だが会場に向かう非常階段の中で2人きりになったヒロキに社員登用の件を相談していた。
さらに自分より歳上である司にも社員登用の話が来ているのでは?という悟にヒロキはカッとなり反論する。
しかしヒロキの中では司への疑念が渦巻き始めていた。
悟の相談に対しても「自分で考えろ!」と突き放す。
それを聞いて悟も「そうだよな」と頷くが、「でも自分で考えるのって難しくない?」と更に問いかけるのだった。

会場についた悟とヒロキはいよいよ実行に移ろうとしていた。
自分はあくまで悟のドアが開かなくなる事があるから居るだけなので、きっかけとなるマヌケ役は悟がやれと促すヒロキ。
ターゲットである大使と会話をしながら張り切って合図を出している桂木のもとへとボーイ姿の悟は向かっていく。
わざと大使にぶつかり水を掛ける悟。
ヒロキは怒る大使をドライヤーで乾かすために壁際の椅子に誘導するが、大使の奥さんが側にいるところで潰しを実行することにショックを受ける。
ジンが大使の奥さんの注意を引きつけている間に悟は能力を駆使してドアから大使のヤマへと入っていくのだった。

大使のヤマは南の島で父親から「お前は俺の息子だ」と言ってもらえるという記憶であった。
「息子じゃない」と言わせれば簡単に潰せると言う悟に、ヒロキは「奥さんが目の前にいるのに良く平気だな」と嫌悪感をあらわにする。
それを聞いた悟は自分もやりたくてやっているわけではないことを感情的に吐き出す。
考え出すと全てが居なくなってしまった林さんのことへと行き着いてしまう、だからなにも考えずに林さんに言われた通り桂木に従っていると涙ながらに話す悟。
そんな悟を見てヒロキはさっきはお前がマヌケ役をやったのだから、ヤマを壊すのは俺がやると実行を引き受ける。
悟は「簡単に壊れてしまう大使のヤマは本物なのに、よっぽど丈夫な自分たちのヤマが偽物であることがヤマ親に対する執着の原因なのかな」と言い残しドアから出ていく。
ヒロキは「そんなこと考えんなよ、バカ」と一人呟き、潰しを実行したのだった。

想定外の事態

ヤマが崩れて現実の大使は潰れてしまった。
慌てて奥さんが駆け寄り、周囲にも騒ぎが広がる。
それに便乗して悟は他のボーイを能力で身代わりに仕立てて、会場から離脱していく。
しかし立ちくらみをおこしたヒロキは離脱を促す桂木についていくことが出来ず、そのまま意識を失ってしまうのだった。
ホテルの出入り口で待機するジンの目の前をストレッチャーに乗せられたヒロキが運ばれ、救急車で搬送されていった。
慌てて桂木に連絡するジンは今後の後始末を指示し、悟を病院に連れて行くことだけは絶対に駄目だと警告する。

司は飛行機に乗りながら社長に自分のpetを持たせてくださいと直談判した過去を回想する。
キャビンアテンダントが提供してくれたお酒のグラスを床に落として、封を開けていないペットボトルの水を要求する司。
水を飲みながら悟を潰す算段を確認する司は「潰れてしまえば絶対に帰ってこない人間を待たずに済むから幸福だ」と笑みを浮かべながら独りごちるのだった。

pet8話感想・評価・まとめ!

会社の指示を受けてまたしても汚れ仕事を請け負ってしまったpetたちですが、彼らの苦悩もどんどん深まってきている気がします。
彼らのヤマ親に対する執着を会社の人間たちは見事に利用してしまっていますね。
とんでもなく下衆なやり方ですが、その計画的で手際の良いやり方はある意味あっぱれだと思います。

悟はここまでのエピソードでは比較的に落ち着いた性格をしていると思っていたのですが、この8話では心情を感情的に吐露してくれました。
結局の所、彼もヒロキと同じようにヤマ親に対する激しい執着の感情があり、今まではそれをどうにかごまかしていたにすぎないようです。
考え始めると全ては林さんに行き着いてしまうという悟の発言は、林さんが潰れてしまっていることを知っている視聴者目線からすればいたたまれないものがあります。

これまで感情的で思慮に欠けるように思えたヒロキも司に対する疑念が湧き上がってくると同時に少しずつ落ち着いてきたようにも思えます。
悟の代わりに大使を潰す役をかって出たところなんかは少し見直しました。
今後エピソードが進むにつれて司が何を隠していて何を企んでいるのか知っていくことになると思いますが、そこでヒロキがどういう行動を取るのか楽しみです。

一方、自らのヤマ親である林さんを潰してしまった司はさらに会社に対して企みがあるようですが不安なところです。
ヒロキに潰れかけていたところを持ち直してもらいましたが、やはり精神が元通りというわけではないように見受けられます。
これから行われる社長やロンとの会食でどのような話し合いが行われるのか不安と期待が半々といったところでしょうか。

そして終盤に意識を失ってしまったヒロキが病院に運ばれて行くところを見たジンの動揺具合と悟を病院に連れて行ってはいけない訳が次回明らかになることを期待したいです。