アニメ

推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)11話の無料動画の見逃し視聴はnetflixがお得?pandoraやDailymotionでは見れない?ネタバレ感想考察あり

推しが武道館いってくれたら死ぬ

\推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)の11話を見るならココ!/サービス名配信状況

配信サービス名 配信状況 無料期間
見放題
31日無料
推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)の11話の動画を無料視聴する流れ

U-NEXTに登録をする

推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)の11話を探す

U-NEXTを31日間無料体験を続けるか辞めるか辞めるなら解約でお金はかかりません
今すぐ全話動画無料視聴するU-NEXT31日無料動画見放題に登録

推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)の11話のあらすじ

 

岡山アイドルの登竜門である「せとうちアイドルフェスティバル」への出演が決定した『ChamJam』。しかし、運営の発表が遅いため、事前に情報を得ていたえりぴよたちは微妙な反応を返してしまう。そんなファンたちを見て焦りを感じるメンバーだったが、れおに前向きな言葉をかけられてフェスへと思いを一つにし始める。そんな中、舞菜の気持ちは一人揺れていて…。

推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)の11話のネタバレストーリー

アイドルフェス出演決定

chamjamのライブではれおがアイドルフェス出演を発表するも、オタクたちはイマイチ盛り上がれずにいた。
相変わらず情報が遅い運営のせいで、彼らは他のアイドルのツイートなどからフェス出演の情報を知ってしまっていたのだ。

ライブ後のえりぴよ、くまさ、基の3人は、いつものようにカフェでアイドル談義に没頭していた。
くまさはフェスの目玉アイドルである「めいぷるどーる」のメイが、かつてれおのいたグループでもセンターだったことを話す。
舞菜にしか興味がないえりぴよを放置しながら、くまさは基にフェスの楽しみ方をレクチャーするのだった。

フェスに向けて特訓

chamjamの楽屋で真剣に動画を観ている文に近づいたれおは、その動画を見てハッとする。
そこにはかつてのグループメンバーであるメイのいる、めいぷるどーるのパフォーマンスが映っていた。
一方その他のメンバーは、眞妃が香川で買ってきたお土産のうどんを茹でる鍋をどうするかで盛り上がっている。
めいぷるどーるの人気を目の当たりにした文は、危機感のないchamjamメンバーにフェスに向けて練習を増やすことを宣言して鍋を買いに行くのだった。

フェスに向けた特訓が開始され、ライブで彼女たちのパフォーマンスを観たえりぴよたちも歌やダンスの上達に気づく。
頑張る舞菜を励ますために握手会で思いの丈を全て伝えようと意気込むえりぴよだが、発する言葉の全てを噛み尽くしてしまう。
自分の気持ちを伝えられなかったえりぴよはアルバイト中もそのことを思い出して自己嫌悪するのだった。

同じ次元にいるだけでありがたい

アルバイトの休憩時間にchamjamのフェス特番出演の情報を得たえりぴよは1人で観るのが怖くなり、友人の美結を自宅に招く。
フェス特番を見ながら絶叫するえりぴよを見て引く美結。
騒ぐだけ騒いで1人で寝てしまったえりぴよに少しイラつきながらも、美結はテレビに流れてきたアニメに心を奪われる。
後日、アニメキャラクターの冬太朗への愛を語る美結に「好きな相手が同じ次元にいるだけでありがたいと思え」と言われて何故か謝ってしまうえりぴよだった。

舞菜に届くえりぴよの想い

いつものようにカフェに集まりフェスのチケットの番号を報告し合うえりぴよ、くまさ、基の3人。
基は推しについて熱く語る2人に引き気味だったが「この気持ちをもっと多くの人に伝えたい」というえりぴよに、「ツイ垢持っているんだから呟けばいいじゃないですか」とアドバイスを送る。

一方、特訓に励むchamjamだが舞菜は自分だけメンバーについていけていないと悩む。
そしてれおもフェス特番でメイがライバルアイドルという質問を受けて、自分の名前を挙げなかったことに複雑な感情を抱いていた。
帰りの路面電車の中でスマホの通知に気づく舞菜が確認すると、それはえりぴよのツイートを知らせるものだった。
延々と続く舞菜への愛が溢れるえりぴよのツイートに舞菜は1人励まされるのだった。

推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)の11話感想・評価・まとめ!

アイドルフェス出演が決定してchamjamメンバーもオタクたちも、それぞれ準備を開始していましたね。
chamjamの中では特に文のやる気が凄まじく、みんなを引っ張っていました。
同時期に活動を開始しためいぷるどーるとの人気の差をまざまざと感じて、危機感を募らせた文はメンバー1意識が高いと思います。
アイドルに対する思い入れも強く、目標もハッキリと見据えている文がなぜ後列に甘んじているのか不思議です。

そしてれおもかつてのメンバーであるメイに複雑な思いを抱いているのが分かりました。
かつてのグループでセンターだったメイに別のグループで活動している今も人気で負けてしまっているというのは辛いですね。
また何気にれおとくまささんの出会いのシーンが初めて描かれました。
れおも舞菜のように人気を得られない時代があったんだと改めて気付かされます。
くまさが最初の一回だけメイの握手列に並んでいたことを今でも覚えているというのも、れおのコンプレックスやくまさとの信頼関係を感じさせてグッと来ます。

この11話で初登場の美結はなかなかのインパクトを残してくれました。
えりぴよにくまささんと基さん以外の友だちがいた事に驚きですが、登場してすぐにアニメキャラクター愛に目覚めてしまうとは……。
「好きな相手が同じ次元にいるだけでありがたいと思え」という言葉で、えりぴよさえ少し引かせてしまうのは凄いです。

相変わらずの舞菜愛が暴走しているえりぴよですが今回のラストではツイートが舞菜に届いて彼女に勇気を与えるという最高の結果に繋がりました。
以前から直接触れ合う握手会では上手く意思疎通が出来ない2人ですが、何だかんだでえりぴよの想いはしっかりと舞菜に届いているのが良いですね。
いよいよ最終回の次回ではアイドルフェスの様子が描かれると思いますが、えりぴよと舞菜の関係がどうなってしまうのか楽しみです。

推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)の11話の動画を無料視聴する流れ

U-NEXTに登録をする

推しが武道館いってくれたら死ぬ(推し武道)の11話を探す

U-NEXTを31日間無料体験を続けるか辞めるか辞めるなら解約でお金はかかりません
今すぐ全話動画無料視聴するU-NEXT31日無料動画見放題に登録