アニメ

虚構推理の2期続編の放送日はいつから?原作の何巻からどこまで?

こんにちは!

今回は、TVアニメ【虚構推理】の続編、2期について、話していきたいと思います。

下記の項目、作品内容はネタバレありますのでご注意下さい。

虚構推理の作品情報

まずは、この作品を知らない方のために説明していきます!既に知っている方も、是非おさらいとして読んでいただければ、と思います!!

 

【虚構推理】の原作は、2011年5月に「講談社」より刊行された、城平京によるミステリ小説。2012年の第12回本格ミステリ大賞で小説部門を受賞。そして2015年に「少年マガジンR」で漫画化、12巻発売。(2020年3月現在) イラストは、片瀬茶柴が担当。

 

原作 著者・城平京 イラスト・片瀬茶柴
ジャンル ミステリ・伝奇・恋愛
アニメーション制作 ブレインズ・ベース
放送期間 1期2020年1月-3月(全12話)

 

虚構推理の作品内容

本作品の主人公である岩永琴子は、偶然病院で出会った桜川九郎に一目惚れし、その2年後彼女は結婚前提で付き合わないかと提案。九郎は、元カノ・弓原紗季と別れたことを語りだし、それを聞いていた琴子は、自身の”正体”を明かすー。

 

そんなある日、真倉坂市という地方都市で通り魔事件が多発。その犯人が元アイドルの亡霊・鋼人七瀬によるものだという噂がささやかれており、怪異の絡んだトラブルの解決をしながら日々を過ごしていた琴子は相談を受けることになる。琴子は現地に向かい、そこで出会った警官・弓原紗季に協力を求めた。

 

その頃、琴子の恋人となった桜川九郎は、突然姿を消した従姉の六花を探して真倉坂市に向かった。そこでなんと鋼人七瀬と遭遇し、戦うことになったのだが退治できず。それを見ていた琴子と紗季は九郎と3人で、鋼人七瀬の攻略方法を考える。

 

一方で、鋼人七瀬は次第に強くなり続け、紗季の上司である寺田の顔を潰し殺害。

ネット上には鋼人七瀬の「まとめサイト」が存在していて、閲覧者の想像力が鋼人七瀬を生み出し、そしてこのサイト管理人が九郎の従姉・六花であることに気づいた琴子。

 

普通の怪異ではない鋼人七瀬を攻略するため、そのまとめサイトで本物を超える4つの「虚構の推理」を披露。

その結果、閲覧者たちに【鋼人七瀬は実在しない】と思わせることに成功し、ようやく最終話で消滅へと導いた。

 

最後はすっきりと解決し、全12話の放送が終了。

六花は敗北宣言をするも「今回は」というニュアンスに、2期の伏線では?といった視聴者の声もありましたが、果たして2期はどうなるのでしょうか?!

 

虚構推理の2期の可能性はあるのか?

 

通常、2期の可能性というのは、人気度やDVD・Blu-rayといった円盤やグッズの売り上げが重要になります。

DVD・Blu-rayの円盤売上額というのは、そのアニメの続編制作がされるかどうかという点で、とても重要な条件になってくるのですが、

続編を制作するには、平均で5000枚前後が基準とされています。この基準を満たしていれば、アニメの制作費が黒字化し、次の2期を制作する資金に充てられます。そしてさらに2期で収益を増やすことが出来る、といった風に制作側は考えています。

そこで『虚構推理』のDVD・Blu-rayの円盤売上枚数ですが、約790枚となっております。(2020/3/31発表)

円盤だけで考えると、残念ながらとても厳しい状況と言えます。

そのほかとしては、ゲーム化やアプリにされることでの収益、そしてグッズやカレンダーなど、様々な収益がありますが、売上が多くても収益率としては低いです。

しかしここで期待できる要素として、動画配信による収益です!虚構推理の動画配信をしているサービスは、20以上と通常よりも多いですし、多ければ多いほど一定の収益は見込めます。このことにより2期の可能性は少し高くなりました!

 

虚構推理を制作している、制作会社は?

 

アニメ〈虚構推理〉を制作したのはブレインズ・ベースという会社で、比較的大きくはない会社です。代表作としては、「夏目友人帳」や「デュラララ!」などありますが、あまり大ヒットには恵まれていない印象です。もし2期制作が決定すれば、流れを考えると引き続きブレインズ・ベースの制作と考えます。

 

虚構推理の原作の何巻からどこまで?

 

原作ストックがなければ、もちろんアニメの続きは作ることは出来ません。

虚構推理の原作ストックは原作小説は現在3巻しか発売されておらず、えっ少なくない?!と思いがちですが、1期の鋼人七瀬で1巻だったのです!そして2巻は短編集(全5話)、3巻は1巻と同様長編であるため、ストックは安心ですね。

また漫画版でも、12巻中6巻の使用だったので、こちらも十分と考えられます。

 

虚構推理の続編の可能性と放送日はいつから?

 

さて、収益と原作ストックから続編の可能性をみてきましたが、

筆者の勝手な予想ですが、2022年冬になるのではと考えています。

 

その理由として、アニメの続編放送は1クールおいてから続編スタートするもの、放送から1年後のもの、2年後のもの、まれにそれ以上という、だいたいのコースがあります。

残念ながら最終回で2期制作が発表されていないことから、1年後はスケジュール的にも可能性はかなり低いです。また収益の関係から、制作資金の見通しがつき制作を決定出来るまでの期間が必要だと考えられるので、今回は2年後、と結論を出しました。

 

虚構推理は、アニメファン以外からも2期を期待する声が多い人気アニメです。動画配信サービスを視聴してロスを解消しつつ、続編を期待して応援していきましょう(^◇^)

 

以上、

『虚構推理』の2期はあるのか?についてお話しさせていただきました。

 

長い文章でしたが、最後までお読み下さりありがとうございました!