アニメ

炎炎ノ消防隊(アニメ)2期(クール)の放送公開日はいつ?1期見逃し無料動画配信は?

炎々ノ消防隊


■作品紹介
大久保篤による日本の漫画作品。
「週刊少年マガジン」(講談社)にて2015年43号(2015年9月23日発売)から連載中。
2000年1月末現在、コミックス21巻まで発売中。

TVアニメは第1期がTBS系列全28局 『スーパーアニメイズム』枠にて2019年7月から12月まで放送され、第2期は2000年夏より放送予定。

大久保篤
2001年に第3回エニックス21世紀マンガ大賞を受賞し、『月刊少年ガンガン』(エニックス 現スクウェア・エニックス)より読み切り作品「一善の骨」でデビュー。
2004年から2013年まで同誌で『ソウルイーター』を連載した。また『ソウルイーター』連載中にスピンオフ作品として2011年から2014年まで同誌で『ソウルイーターノット!』を連載し本編とのダブル連載となった。
大久保の作品の世界は、ティム・バートンの映画『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『ティム・バートンのコープス・ブライド』の世界を髣髴させるようなモチーフを使いながら、どこかポップに仕上がっている。

炎炎ノ消防隊1期のあらすじ


太陽暦佰九拾八年(太陽暦198年)、東京皇国。この世界は、何の変哲もない人が突如燃え出し、破壊の限りを尽くす、人体発火現象「焔(ほむら)ビト」に怯えていた。それは「炎の大災害」と呼ばれる災害以降起こり始めたもので、突然前触れなく発火した人間は全身が炎に包まれ、ほとんどの者が自我を失って周囲を焼きつくす。それは焔ビトの命が尽きるまで終わらない。その脅威から一般市民を守り、人体発火現象の原因と解決策を究明するために「特殊消防隊」が組織された。
特殊消防隊は第1から第8まであり、各隊「大隊長」「中隊長」「消防官」「シスター」から構成され、力を合わせて焔ビトの暴走を抑え、最終的にはシスターの命で鎮魂するというのが基本。
緊急度や火事の状況により変わるが大隊長の命令は絶対だ。

幼い頃からヒーローに憧れを抱く少年シンラ・クサカベは、12年前に突然の火事によって母親と生まれたばかりの弟を亡くしてしまう。足から炎を出す事ができる「第三世代」の能力者であった、当時子供だったシンラ・クサカベは、自らの体から発した炎が火事を引き起こした出火原因だと判断され周囲から迫害を受けてきた。だがシンラは母親と弟と自分以外の第三者が室内にいたことを目撃しており、その人物が犯人ではないかとずっと考えていた。
訓練校を卒業し「第8特殊消防隊」に配属されたシンラは、母親と弟のような被害者を増やさないため、また母親と弟を殺した犯人を捕まえ自らに被せられた濡れ衣を晴らすために、仲間たちと共に訓練と消防活動に励み、成長していく。焔ビトが出る謎、原因は何なのか。なんのために「大火災」が起きるのか。

中盤から後半にかけては「伝道者」(白装束とも言われる)という新たな思想を持つ集団が登場する。シンラ達が消防作業をするうちに、どうもそいつらが意識的に「焔ビト」を「蟲」というモノを用いて作り出しているようだ。その目的はなんなのか。
白装束集団には弟のショウにそっくりな少年が属していた。たまたま遭遇したその少年は高い能力を持ち、シンラに対する記憶すら全くない。シンラはその少年を弟と信じ話し合おうとするが取り付く島もない。

白装束達が「焔ビト」を作り出すのを阻止、さらには、ショウにそっくりな少年を救いたいシンラ。第8を中心とした部隊が白装束達の行方を追う。そして潜伏先と言われる「地下(ネザー)」へと入り込み、消防隊と白装束達の間で死闘が繰り広げられる。死闘の果て、ようやくシンラはショウの面影をたどり、地下で会うことが出来た。しかしショウはシンラを殺そうとする。戦いの中で進化するシンラの能力。アドラバーストでシンラとショウの意識がシンクロし、ショウの記憶にようやくシンラが現れ、和解かと思われるが、ハウメアの妨害が入りショウの意識が飛ぶ。さらにはシンラが深手を負い、地上へ帰るしかなくなってしまう。命拾いし、傷が癒えたシンラは第1の大隊長バーンズに12年前の火事の事について問い詰め、本当の事を教えてもらった。

炎炎ノ消防隊第2期にむけての考察

「焔ビト」は「伝道者」達の「大災害を再び起こしたい」という目的のために作り出されているものだとわかった。250年前の「大災害」の原因をさぐるために、2期にシンラ達第8は歴史を探りに中華大陸に行く。
そして、バーンズの話からも弟のショウは、アドラバーストを発現したために「伝道者」にさらわれていた。その発現にシンクロしてシンラの能力も同時に発現したようだ。やはりシンラは火事の原因ではなかったのだ。
伝道者たちは8人の「柱(はしら)」を集め、大災害を起こすつもりでシンラをも狙っている。これからはその「柱」集めをする伝道者たちと、蟲による「焔ビト」発生をなんとか防ごうとするシンラ達の戦いになっていくのだろう。
1柱の存在はどこにあるのだろうか。2柱はハウメア、3柱はショウ、4柱がシンラ。あと4柱が必要。
伝道者一派の今後の動き、まだまだ強力な能力者がいるはずなので、構成が見もの。新キャラ登場だろう。
そして、新しい柱の出現。5から8までの柱は誰になるのか。

「白装束」が出現したあたりから第8に入隊したヴィクドル・リヒト。彼は灰島重工から派遣された科学者兼スパイ。だがリヒトは灰島重工を敵対視し、ジョーカーと組んでいる様子。

消防隊、伝道師(白装束)、灰島工業、ジョーカー この4つの組織がどう絡んでくるのかが見どころとなりそう。

第1期はどの部分が放送日・公開日になるか


第1期
2019年7月6日より同年12月28日まで放送。1から24話。
コミックスで1巻から11巻「第89話 燃ゆる過去」付近までを収録。

炎炎の消防隊第2期放送時期の放送日・公開日予想

第1期と同じく24話前後のボリュームとして半年の2クール分。
時期としては1期と同様7月スタートで、2020年7月初旬から12月末だろうと予想される。
第2期のはじまりは、コミックスでいうなら11巻「第93話 第4特殊消防隊」からだろう。
おそらくアーグ大隊長との面会から。終わりは20巻前後にまとまりそうだ。