アニメ

推し武道の2期続編はある?放送日はいつから?原作の何巻からどこまで?

推しが武道館にいってくれたら死ぬの2期放映を予想!?

原作
平尾アウリ(徳間書店)
ジャンル
百合、アイドル
アニメーション制作
エイトビット
放送期間
1期2020年1月~3月
舞台は岡山県で、ローカルアイドルグループの日々の活躍と、その彼女たちをファンという形でサポートしていく
オタクたちを描いた作品となっています。

推しが武道館にいってくれたら死ぬの2期の可能性は

現在、公式サイトからの発表はなく、2期が制作されているかは不明となっています。
しかし、DVDやブルーレイなどの売上により2期制作があるかどうか、というところとなっています。
通常、原作の売り上げが50万部、円盤で5000枚を超えていれば、十分続編の期待が持てます。

現在、2020年3月18日にDVDが発売されたところで、4月からも追加で発売が予定されていますので、
今後の売り上げに期待したいところです。現状2500枚ほどとなっています。

また推しが武道館にいってくれたら死ぬ、はFODの独占配信となっているため、元々の視聴者数にも
制限があります。
そのため、通常の売り上げよりも低くてもFODが続編可能と判断できるだけの売り上げが上がれば、
売上枚数に関係なく、続編が制作される期待大となっています。

 

推しが武道館にいってくれたら死ぬの円盤、グッズなど売上観点から2期予想!!

推しが武道館にいってくれたら死ぬの円盤売上、その他グッズなどの売り上げなどを詳しく見ていきましょう。
なぜ細かく見ていくかというと、先ほども前述しましたが、円盤の売り上げやその他グッズの売上により2期の制作費用が確保できるかというのが、大変重要なポイントとなってきます。
その基準というのが、円盤売上5000枚の壁ということになっているようです。
現在、押しが武道館にいってくれた死ぬ、の円盤の売上情報は、3月発売のDVD売上で約2500枚。
これは少ないように見えますが、FODの独占配信となっていたため、視聴者も限られてくる中で、大変優秀と言える売り上げだと思います。
これに、キーホルダーやプロマイドなどのグッズが発売予定、4月からDVDも続々発売予定となっていますので、さらなる売上が期待できますね。

制作会社のエイトビットってどんなところ?

続いては、制作会社であるエイトビットが他にどのようなアニメを制作しているのか、紹介していきましょう。
有名なところでは、魔法科学校の劣等生、転生したらスライムだった件、などアニメ好きなら知らない人の方が
少ないビックタイトルを手掛けています。

その為、押しが武道館にいってくれたら死ぬも、このマンガがすごい!2017や次にくるマンガ大賞コミック部門に
ランクインするなど、人気タイトルとなっていますので、2期の政策も続いてエイトビットが行うと思われます。

推しが武道館にいってくれたら死ぬの原作ストックはあるの?

そもそもですが、どんなに人気があるアニメだろうと、その続きになる原作ストックがないと続編すら制作することが出来ません。
その為、続いては原作ストックを見ていきましょう。

推しが武道館にいってくれたら死ぬは、現在も連載中の漫画で、6刊まで発売されております。
今回のアニメでは、原作で言うところの「1~3巻分」を題材にしています。

ですので、残りストックは3巻分ということになります。
現在も連載中ですので、前回のストック分を考慮しても、原作ストックは2期制作には十分ということになりますね。

推しが武道館にいってくれたら死ぬの、2期が放送されるならいつ頃?

現状、FOD専属配信ながら速報で2500枚の売上がありますので、3000枚を超えた辺りから2期放映の予定が現実味を帯びてくるのではないでしょうか?

その気になる放映時期ですが、現在の時点が発表がないことを考慮すると、2020年の春ごろになるのではないでしょうか?

いかがでしたか?
今回は押しが武道館にいってくれたら死ぬ、の2期はあるのか?というテーマを元に情報配信させていただきました。
1期をまだ見ていない人も、まだまだ間に合いますので、今から押し武道のファンになってみませんか?