アニメ

22/7(アニメ)5話見逃し無料動画の感想考察ネタバレ!河野都と7人兄妹

\22/7の5話を見るならココ!/サービス名配信状況

配信サービス名 配信状況 無料期間
見放題
31日無料
22/7の5話動画を無料視聴する流れ

U-NEXTに登録をする

22/7の5話を探す

U-NEXTを31日間無料体験を続けるか辞めるか辞めるなら解約でお金はかかりません
今すぐ全話動画無料視聴するU-NEXT31日無料動画見放題に登録

 

22/7の5話のあらすじ

新たな“壁”の指令は、アイドルの登竜門・ITF(アイドルトーキョーフェスティバル)に参加すること。22/7にとって初めてのフェス。しかし他のアイドルグループと比べ、まだまだ結束が足りない。危機感を抱いた都が提案したのは、全員強制参加のお好み焼きパーティー。和気藹々とお好み焼きを作り始めるメンバーたち。みんなを優しく見守る都。そして、そんな都にも誰にも話していない〈アイドルになった理由〉があった……。

22/7の5話のネタバレストーリー

河野都は自販機のある通路に寄り掛かってスマホの画面を見てため息をついていた。
そこにみうが自販機にドリンクを買いに来た。
その時に壁が動いて音が鳴り響いていた。
みうと都は急いで壁のある場所に駆けつける。
まだ指令は出ていないと言う。
所が、今回はなかなか指令が出てこない。
あかねが「難産のようです」と話す。
ようやく出てきたカードには「ITFに参加せよ」だった。
アイドルトーキョーフェスティバル?
合田が「という事で手配します」と歩いていく。
合田がアンドロイドに見えてきた。
ゴリラ型ロボットですか。
という話も出てしまう。
ニコルは「ITFって毎年やってるアイドルイベント、アイドルの登竜門だ」という。
麗華が「一週間後?さすがに壁の力でも参加できないんじゃ」と話す。
ITF当日。
他のアイドルもたくさん集まっていた。
壁の力はすごいななど話していた。
ステージ上で他のアイドルとトークしていたが、司会者が麗華に急に話を振る。
麗華は答えられないので、すかさずニコルが「みんな仲良しです」と話す。
司会者が「そう、じゃあ楽屋での仲良しエピソードを教えてくれる?」と話す。
ニコルは固まってしまう。
ここで都が「て、ないんかーい」とフォローした。
ステージ後、全員それぞれ話し込んでいた。
都はこの状況を見て「あかーん」と叫んだ。
ここから都の1年前の話になる
都の自宅で兄妹たちがもめていた。
都は妹の人形を首からちぎって「ほれ、遊べ」と放り投げる。
これをきっかけに妹2人は仲直りする。
「うち、河野都、7人兄妹の長女、でも半分しか血が繋がってない、いわゆる異父兄弟や」「おかんがけったいな人でなんとバツ4」と話す。
おかんが帰ってきて、おかんと都は抱擁する。
ここで現在に戻る。
他のメンバーが「お好み焼きパーティー?」と話す。
都は22/7は結束が足りんと力説する。
このままではアイドルフェスを乗り切れないと話す。
場所はマイスイートホーム。
みうは寮に来るのが初めてだったので「立派なとこ」と感想を漏らしていた。
都はホットプレートを実家から持ってきており、気合が入っていた。
メンバーみんなで準備を手伝う。
都はみうにほっぺに指で「ぷに」と刺すが、みうの反応が思っていた反応のと違うと言う。
みうは笑っていた。
ここから都の自宅の話。
都は兄妹たちから都は料理が苦手だと指摘される。
都はおかんの寝ている所に行くが、おかんが泣いている事に気が付く。
都は学校で先生にファッションデザイナーで独り立ちを希望している事を話す。
そのために東京で学びたいが家族にはまだ話していないと言う。
この後に22/7の封書が届く。
都は自分の父親を探すが難しかった。
おかんはアイドル河野都に投資やと10万円差し出す。
都は兄妹に東京に出る事を説明する。
そして現在に戻る。
お好み焼きがおいしかったと感想を話すメンバー。
都はここで「格言を話します」とキャベツを持ち出す。
お好み焼きの材料の原産地を説明する。
みんな生まれも育ちもバラバラ、でもみんな混ぜて焼いてひっくり返したら何とかなるねんと話す。


次の日のアイドルフェスタでは、麗華がお好み焼きパーティの話をする。
ここで麗華がパパコンである事を暴露される。
しかも携帯の待ち受けもおとうさん。
大丈夫なの?と心配される。
ここでみうに話がふられる。
みうは「昨日、都に急にぷにとされて、すごくびっくりしました」
みうは自分でほっぺを指で刺して、会場は盛り上がっていた。
この後、掛け声をやる事になる。
みんな手を出して円陣を作る。
都「薄力粉」
桜「豚肉」
みう「キャ、キャベツ」
路に寄り掛かってスマホの画面を見てため息をついていた。
そこにみうが自販機にドリンクを買いに来た。
その時に壁が動いて音が鳴り響いていた。
みうと都は急いで壁のある場所に駆けつける。
まだ指令は出ていないと言う。
所が、今回はなかなか指令が出てこない。
あかねが「難産のようです」と話す。
ようやく出てきたカードには「ITFに参加せよ」だった。
アイドルトーキョーフェスティバル?
合田が「という事で手配します」と歩いていく。
合田がアンドロイドに見えてきた。
ゴリラ型ロボットですか。
という話も出てしまう。
ニコルは「ITFって毎年やってるアイドルイベント、アイドルの登竜門だ」という。
麗華が「一週間後?さすがに壁の力でも参加できないんじゃ」と話す。
ITF当日。
他のアイドルもたくさん集まっていた。
壁の力はすごいななど話していた。
ステージ上で他のアイドルとトークしていたが、司会者が麗華に急に話を振る。
麗華は答えられないので、すかさずニコルが「みんな仲良しです」と話す。
司会者が「そう、じゃあ楽屋での仲良しエピソードを教えてくれる?」と話す。
ニコルは固まってしまう。
ここで都が「て、ないんかーい」とフォローした。
ステージ後、全員それぞれ話し込んでいた。
都はこの状況を見て「あかーん」と叫んだ。
ここから都の1年前の話になる
都の自宅で兄妹たちがもめていた。
都は妹の人形を首からちぎって「ほれ、遊べ」と放り投げる。
これをきっかけに妹2人は仲直りする。
「うち、河野都、7人兄妹の長女、でも半分しか血が繋がってない、いわゆる異父兄弟や」「おかんがけったいな人でなんとバツ4」と話す。
おかんが帰ってきて、おかんと都は抱擁する。
ここで現在に戻る。
他のメンバーが「お好み焼きパーティー?」と話す。
都は22/7は結束が足りんと力説する。
このままではアイドルフェスを乗り切れないと話す。
場所はマイスイートホーム。
みうは寮に来るのが初めてだったので「立派なとこ」と感想を漏らしていた。
都はホットプレートを実家から持ってきており、気合が入っていた。
メンバーみんなで準備を手伝う。
都はみうにほっぺに指で「ぷに」と刺すが、みうの反応が思っていた反応のと違うと言う。
みうは笑っていた。
ここから都の自宅の話。
都は兄妹たちから都は料理が苦手だと指摘される。
都はおかんの寝ている所に行くが、おかんが泣いている事に気が付く。
都は学校で先生にファッションデザイナーで独り立ちを希望している事を話す。
そのために東京で学びたいが家族にはまだ話していないと言う。
この後に22/7の封書が届く。
都は自分の父親を探すが難しかった。
おかんはアイドル河野都に投資やと10万円差し出す。
都は兄妹に東京に出る事を説明する。
そして現在に戻る。
お好み焼きがおいしかったと感想を話すメンバー。
都はここで「格言を話します」とキャベツを持ち出す。
お好み焼きの材料の原産地を説明する。
みんな生まれも育ちもバラバラ、でもみんな混ぜて焼いてひっくり返したら何とかなるねんと話す。
次の日のアイドルフェスタでは、麗華がお好み焼きパーティの話をする。
ここで麗華がパパコンである事を暴露される。
しかも携帯の待ち受けもおとうさん。
大丈夫なの?と心配される。
ここでみうに話がふられる。
みうは「昨日、都に急にぷにとされて、すごくびっくりしました」
みうは自分でほっぺを指で刺して、会場は盛り上がっていた。
この後、掛け声をやる事になる。
みんな手を出して円陣を作る。
都「薄力粉」
桜「豚肉」
みう「キャ、キャベツ」
絢香「長いも」
ジュン「天かす」
麗華「紅ショウガ」
あかね「干しエビ」
ニコル「卵」
全員「ひっくり返してー22/7」
ここで都は兄妹に見送られたシーンになる。
都は必ずお父ちゃんを見つけると誓った。
都はバスのセンターは譲らんでーと話す。
みんなそれぞれ全員が22/7に必要とされて集まったと感じるとみうは思う。
選ばれた8人か。

22/7第5話感想・評価・まとめ!

今回は都が中心のお話だった。
都は7人兄妹の長女だから、普段から大変だと思う。
将来も東京でデザイナーになりたいという考えも、独り立ちを目的にしていたから、かなり大変なんだろう。
そこに22/7の封書が届いて、都の人生が大きく変わろうとしていた。
しかし、どういう理由なのかわからんが、都のおかんのバツ4は凄すぎると思う。
下の兄妹の年齢からも最近離婚したのではと推測できるだろう。
おかんは恋多き乙女だったのか、男運がない不幸体質なのか不明だが、おかんも大変な悩みを抱えていると思う。
しかし、都が料理が苦手なのは意外だった。
これだけの兄妹がいるのなら、家事は絶対に出来ないと大変な事になってしまう。
その中でも食事の準備、料理が苦手なのは素質がないのかな。
都のキャラはメンバー内でも、明るく振る舞う子だと思う。
そして、他人を思いやる気持ちも持っているように思う。
今回のアイドルフェスタは、メンバーにとっては今後につながる大事なイベントだったと感じる。
今まではメンバーが思うように結束していない状態できていた。
しかし、今回のステージでメンバーでのトークもろくに出来ない事は致命傷であると気が付いたのは良かったと思う。
そんな中で都がメンバーを引っ張って、交流させていた。
都はみうの事をみうみうと呼んでいたのに気が付いた。
これは何時からだったんだろう。
また、みうの表情や感じがだんだん良くなってきている。
今回のステージでも自分のかわいい所をしっかりアピール出来ていたと思う。
たまたまだったのかもしれないが、今回のイベントでファンが増えたのではないだろうか。
メンバーのみんなに感化されているのか、自分の中で変わりつつある。
今後のみうがいい方向に進む事を期待したい。

 

虚構推理4話の動画を無料視聴する流れ

U-NEXTに登録をする

虚構推理4話を探す

U-NEXTを31日間無料体験を続けるか辞めるか辞めるなら解約でお金はかかりません
今すぐ全話動画無料視聴するU-NEXT31日無料動画見放題に登録