洋画

1917命をかけた伝令戦争ネタバレ・あらすじ結末ラストは?ワンカット撮影やムビチケ前売り券情報も!

1917 命をかけた伝令の作品情報

監督 サム・メンデス
脚本 サム・メンデス
クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
出演者 ジョージ・マッケイ
ディーン=チャールズ・チャップマン
マーク・ストロング
アンドリュー・スコット
音楽 トーマス・ニューマン
公開日 2020年2月14日
上映時間 119分

1917 命をかけた伝令の主演キャスト

ウィリアム・スコフィールド上等兵:ジョージ・マッケイp

イギリスの軍に所属した若い兵士です。

相性はウィルとして物語は進みます。

トムと一緒に1600人の命を背負います。

その重さやいかに。

そしてイギリスの運命を背負う人に・・・

不可能を言われたミッションを背負います。

ミッション・インポッシブルならいいのですが、これは現実的な第一次世界大戦の話。

人の生死を左右する任務を渡され遂行しなければならないのです。

そんな状態で生き死にをしていく仲間を見ながら任務を遂行。

戦争に対して思うことは戦争のない時代とない国に生まれてきた感謝。

時代によってはこの年令では死んでいただろう。

場所によっては死んでいただろう。と思わせられる恐怖感があります。

 

トムブレイク上等兵:ディーン=チャールズ・チャップマン

主人公のウィルとともにミッションに挑んでいきます。

危機に直面する第2大隊には兄ジョセフが所属しています。

そんなところにエリンモア将軍はあえて伝令を指名。

エリンモア将軍の情けのなさ。ウィルとの協力。

どうなっていくのやら。

エリンモア将軍:コリン・ファース

1600人の命を救うためウィリアム・スコフィールドとトムブレイクに過酷な任務を命じる司令官。

ミッションに対して二人を奮い立たせて鼓舞します。

ブレイクの兄が第2大隊にいることから任命をしますが、それがエリンモア将軍の采配と言えるかどうか。

将軍としての采配が問われるところです。

結末ラストがどうなるのかが気になります。

スミス大尉:マーク・ストロング

ウィリアム・スコフィールドとトムブレイク上官。

 

レスリー中尉:アンドリュー・スコット

ウィリアム・スコフィールドとトムブレイクの上長。

上から流れてくる伝令を必死に全うするウィリアム・スコフィールドとトムブレイク。

結末ラストはどうなるのやら。

1917 命をかけた伝令の見どころや予告動画

1917 命をかけた伝令のネタバレやあらすじ

第一次世界大戦真っ只中の1917年のある朝、若きイギリス人兵士のスコフィールドとブレイクにひとつの重要な任務が命じられる。それは一触即発の最前線にいる1600人の味方に、明朝までに作戦中止の命令を届けること。
進行する先には罠が張り巡らされており、さらに1600人の中にはブレイクの兄も配属されていたのだ。
戦場を駆け抜け、この伝令が間に合わなければ、兄を含めた味方兵士全員が命を落とし、イギリスは戦いに敗北することになる―
刻々とタイムリミットが迫る中、2人の危険かつ困難なミッションが始まる・・・。

1917年4月、フランスの西部戦線では防衛線を挟んでドイツ軍と連合国軍のにらみ合いが続き、消耗戦を繰り返していた。そんな中、若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクは、撤退したドイツ軍を追撃中のマッケンジー大佐の部隊に重要なメッセージを届ける任務を与えられる。

1917 命をかけた伝令の口コミやレビュー

 

 

 

1917 命をかけた伝令のムビチケ前売り券

ムビチケや前売り券はなく普通料金の上映のようです。

1917 命をかけた伝令のまとめ

ワンシーンでほぼとっていた撮影。
映画館で見るからこその迫力を楽しめる作品。

辛いシーン苦しいシーンはたくさんあるでしょう。

人は戦争ではあっさり死ぬ。
戦争の悲惨さも感じるでしょう。
爽快感もないでしょうがあなたに感じるものはあるでしょう。