アニメ

グレイプニルのコインやバケモノや宇宙人とは?修一や姉はいつなぜ変身したのか?

グレイプニルが2020年4月5日から2020年の春アニメとして始まりました、武田すんさん原作の漫画です主人公がいつの間にやらバケモノに変身するようになり夢か錯覚かと思っていたのですが現実世界で起こるようになりさらにゆるキャラのような犬の着ぐるみの姿に変身するようになってしまいました。

この変身した姿もなぜなってしまったかも分かりませんし自分がこんな姿になってしまったことに恐怖すら感じていましたこんな時に青木クレアを助けたことで修一がバケモノになることを知り姉がバケモノになって消えてしまったことに関係があるのではないかと思勘ぐっていきます。

修一は戦うことは苦手なために、クレアが犬の着ぐるみに来た状態で一緒に戦っていき、ストーリーが進んでいきます。

戦闘シーンが残虐さがあり犬の着ぐるみとはかなりのギャップがあります。

グレイプニルのバケモノの存在や正体は?なぜ修一はバケモノに?

グレイプニルの中でバケモノと言われる存在で、修一も犬の着ぐるみに変身したり、庭で登場した陸上選手の女性は足が獣のように強化される能力を持っていました。

それは何回か出てきた、コインの力によってラブホテルの横の自動販売機って、コインを投入することで得られる能力かのように伏線を張っていますが、実際のところはどうなのかはまだ分かりません。

コインは宇宙人の遺伝子データーが入っていて、宇宙人が仲間を助けるためにコインを探しているのです

グレイプニルのコインは何なのか?

宇宙人が、コインを使って遠隔操作をしてバケモノになってもらい、コインを集めてもらっている訳です。

宇宙人はコインを集める人を収集者と言っています。

収集者はコインを見つけるとその見返りが得られます。

コイン百枚を集めると宇宙人から偉大な力を得ることを約束されています

 

グレイプニルの宇宙人とは誰で、何者なのか

宇宙人とは廃業したラブホテルの自動販売機にコインを入れた時に、いつも出てくる男性がいると思いますが、あれは人間のように見えて実は宇宙人なのです、そしてコインを収集者に集めさせてバケモノになるという内容です。

まとめ

コインとは宇宙人が収集者を作るために遺伝子能力を与えているもの。

化け物はコインを使ったことによって得られる能力。

宇宙人は自動販売機から出てくる謎の男性。

宇宙人はコインを集めている。

コインを100枚集めるとなにかいいことが起きて偉大な力を得ることができる。

修一がバケモノに変身したのは謎。

姉もいつ変身したかは謎。