洋画

スターウォーズ6ジェダイの帰還のネタバレあらすじや無料動画視聴方法は?結末ラストも登場人物も公開

映画ネタバレ 「スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」

  1. 「スター・ウォーズ」シリーズにおける3作品目。
  2. ルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧三部作の最終章(完結編)で「エピソード6」にあたる。

アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)で、日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』だったが、後年両方とも現在のタイトル「復讐→帰還」に変更された。

 

映画の作品情報

監督:リチャード・マーカント

脚本:ローレンス・カスダン ジョージ・ルーカス

音楽:ジョン・ウィリアムズ

日本での興行成績:37億2000万円

 

映画の日本での公開日は1983年7月2日

映画の主演キャスト

ルーク・スカイウォーカー /マーク・ハミル

レイア・オーガナ /キャリー・フィッシャー

ハン・ソロ /ハリソン・フォード

ダース・ベイダー/デヴィッド・プラウズ

アナキン・スカイウォーカー/

オビ=ワン・“ベン”・ケノービ/

ヨーダ /フランク・オズ(操作・声)

C-3PO /アンソニー・ダニエルズ

R2-D2 / ケニー・ベイカー

ランド・カルリジアン /ビリー・ディー・ウィリアムズ

チューバッカ /ピーター・メイヒュー

皇帝 パルパティーン(ダース・シディアス)/イアン・マクダーミド

ボバ・フェット /ジェレミー・ブロック

 

見どころ

ルークと彼の父親であるダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの親子の関係に深く焦点を当てた物語。(だが、本作は4、5の完結編なので、6のみをいきなり鑑賞すると理解が難しい。できればエピソード4からの視聴をおすすめする)

犯罪王「ジャバ・ザ・ハット」に捕らえられたハン・ソロを救助に向かうレイアとルークから話はスタート。ルークがダース・ベイダーと父子であることの再確認、ルークとレイアが双子であることも判明。

そしてベイダーとルークの「親子の絆」と「ベイダーの死」。

ベイダーがルークをかばい、皇帝を連れて炉に飛び込みルークに看取られながら死亡するシーンが印象的。また、ぬいぐるみの熊のように可愛らしい姿を持ち人気の「イウォーク族」も出てくるのはこの話の中である。

 

映画のネタバレ・あらすじ

1 前作エピソード5の舞台から1年後のストーリー。ジャバ・ザ・ハットに捕らえられたハン・ソロをレイア、ルークが救助に向かう。

 

レイア・オーガナ、ルーク・スカイウォーカー、ランド・カルリジアンの3人は「惑星タトゥーイン」にハン・ソロを救助に向かった。ハン・ソロは犯罪王「ジャバ・ザ・ハット」に氷漬けにされて捕らえられていた。レイアとルークはジャバ・ザ・ハットにいったんは捕まるが、3人のそれぞれの活躍により脱出・救出に成功する。

ルークはジェダイの騎士の修行完成のために「惑星ダゴバ」に戻った。しかし師のヨーダは死の床にある。そして、ルークの修行は終わっているが最後の試練として、父ベイダーとの対決は不可避だろう、と告げられてしまう。ヨーダは静かに息を引き取り、オビ=ワン・ケノービの時と同じく身体は消滅してしまった。

ルークは霊体として現れたオビ=ワン・ケノービから「ベイダーの正体はアナキン・スカイウォーカーであり、実はアナキンすらも知らないのだが、もう一人子供がいた。それがレイアでルークの双子の妹である」と知らされる。

帝国軍は「森の惑星エンドア」の軌道上に第2デス・スターの建造を進めていた。

ダース・ベイダーと皇帝ダース・シディアス自らが「視察のために来訪している」という情報を手に入れた反乱同盟軍は全勢力をつぎ込んで最終決戦へと望む決意を固めた。デス・スター攻撃隊長に志願したランド・カルリジアンにミレニアム・ファルコン号を貸したソロは、ルーク、レイア達も参加した潜入部隊を率い、まず「デス・スターを護るシールド発生施設の破壊」を目的とし「惑星エンドア」へと向かった。

 

2 「惑星エンドア」で森の原住民イウォークと仲間に。

「惑星エンドア」には原住民のイウォーク達がおり、最初はルーク達を侵入者と思い戦闘になるが、金色の身体を持つドロイドC3P-Oを「神」と勘違いしたイウォークも、帝国軍との戦いに協力してくれる運びとなる。イウォーク達の村の中でルークは、レイアとハン・ソロに自分たちが双子だったという事を打ち明けた。レイアはルークの事が好きだと思っていたハン・ソロは喜んでいる様子だった。

ルークは既にダース・ベイダーの存在をフォースで感じ取っていたため、彼を説得しようと単身、デス・スターに乗り込むが、ベイダーはルークの説得には応じなかった。そしてさらに皇帝の前にルークを連行して行った。

一方、ハン・ソロ達は「惑星エンドア」にあるシールド発生装置破壊の作戦を開始するも、それは皇帝には既に予知されており、ソロ達も捕獲されてしまい、ランド率いる攻撃部隊もスター・デストロイヤー艦隊やTIEファイターの挟み撃ちに遭う。全ては皇帝の罠だったのだ。

皇帝の前に連れて行かれたルークは、ベイダーとライトセーバーで戦いながら、暗黒面に誘ってくる皇帝の誘惑を拒否し続ける。修行を完成していたルークはベイダーと互角に戦い、ベイダーの手首を切り落とす。皇帝はルークに「ベイダーを殺せ!」と命令をするが、ルークは「僕はジェダイだ。かつて父がそうだったように」と叫びライトセーバーを投げ捨てる。

腹をたてた皇帝が手からフォースライトニングを放ち、ルークを殺そうとするのを見たベイダーは「父であるアナキン」としての意識を取り戻し、息子ルークを助けるため皇帝を抱きかかえるようにして下の溶鉱炉に一緒に転落し、皇帝を倒した。

 

3 勝利をおさめる反乱同盟軍。そして、父、アナキンとの別れ

溶鉱炉に落ちた父、ダース・ベイダー(アナキン)を助けに行くルーク。

しかしもう、アナキンには力は残っていない。

ルークに「マスクを外してくれ」と頼み、互いの顔を確認した。

最期にアナキンはルークに「お前の言ったことは正しかった。私にも善の心がまだあった。助けてもらった」とルークに感謝しつつ、父は息を引き取っていった。

ランドら攻撃部隊もソロ達がシールド発生装置を破壊することを信じ、なんとか持ちこたえていた。

ソロ達もシールド発生装置の破壊に成功。シールドが無くなったところで、ランド達がデス・スターを攻撃、破壊することができた。

ソロ達も使命を果たし、ランド達攻撃部隊も苦しみながらもデス・スターを破壊して勝利し脱出。

ルークも父の亡骸をかかえエンドアに戻ることが出来た。そして、父アナキンの火葬を終えた。

「惑星エンドア」ではイウォーク達が勝利の祭りを開き、反乱同盟軍の勝利を祝っていた。

ルーク達のそばにはフォースと一体化したオビ=ワン・ケノービ、ヨーダ、そして父親のアナキン・スカイウォーカーらが現れ、彼らを見守っていた。