邦画

映画男はつらいよお帰り寅さんのネタバレ結末ラストグッズやいつまでやっているのか

1969年に第1作が劇場公開された山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズ。
50周年目を迎え、1997年の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来、22年ぶりにシリーズ50作目である最新作が公開されます。
新撮された登場人物たちの「今」と4Kデジタル修復されて蘇る寅さんの懐かしいシリーズ映像が見事に重なり合う、新たなる『男はつらいよ』の物語。

男はつらいよ お帰り 寅さんの作品情報

監督 山田洋次
脚本 山田洋次 朝原雄三
出演者 渥美清
倍賞千恵子
吉岡秀隆
後藤久美子
音楽 山本直純 山本純ノ介
オープニング:桑田佳祐「男はつらいよ」
公開日 2019年12月27日
上映時間 116分

男はつらいよ お帰り 寅さんの主演キャスト

渥美清

倍賞千恵子

吉岡秀隆

View this post on Instagram

🌸映画の試写会へ🌸 先週の仕事帰りに、 試写会へ🎵 [男はつらいよシリーズ]の [男はつらいよ50 お帰り寅さん] 今まで観たことがなかったけど、とても楽しめちゃいました😃 素敵な歴代のヒロインの美女が、この映画に出演なさっていたのねー😍 後藤久美子さんがとても美しくって、刺激的💞 ほのぼのするには、この映画がおすすめです✨ #寅さん #映画鑑賞 #試写会 #男はつらいよ #男はつらいよ50周年プロジェクト #お帰り寅さん #後藤久美子 #渥美清 #吉岡秀隆 #ほのぼの映画 #おすすめ映画 #仕事帰りのお楽しみ #市川妙典

A post shared by Machiko Hirata (@machikohirata) on

後藤久美子

男はつらいよ お帰り 寅さんの見どころや予告動画

男はつらいよ お帰り 寅さんのネタバレやあらすじ

男はつらいよ お帰り 寅さんのあらすじ

サラリーマンを辞めて小説家になった満男(吉岡秀隆)は、中学三年生の娘ユリ(桜田ひより)と二人暮らし。最新作の評判は良く担当編集者の高野(池脇千鶴)からも次回作の執筆をすすめられるが、いまいち乗り気になれないでいた。

亡くなった妻の七回忌の法要で久々に葛飾の実家を訪れた満男。柴又帝釈天の参道にある団子屋「くるまや」は新しくカフェに生まれ変わった。その裏にある昔のままの住居に、母・さくら(倍賞千恵子)と父・博(前田吟)が暮らしている。満男は両親や親戚、付き合いの長い近所の人々と昔話に花を咲かす。それは、騒々しくて楽しかった伯父・寅次郎 (渥美清)との日々。あの寅さんへの想いが蘇る―。日本中を旅し、破天荒で変わり者、でも、いつも優しく味方でいてくれた寅さん。長い間彼に会えず、大人になった満男の心には大きな穴がぽっかりと空いていた。

書店で行われた満男のサイン会。その列に並ぶ人々の中に、かつて結婚の約束までした初恋の人・イズミ(後藤久美子)の姿があった。彼女は現在、ヨーロッパで夫と二人の子供と暮らしているが、仕事の関係で来日中に偶然満男のサイン会を知って訪れたのだった。驚きながらも、再会を喜ぶ満男は「会わせたい人がいる」と小さなジャズ喫茶にイズミを連れていく。そこには、20年以上前に奄美大島で会った寅のかつての恋人・リリー(浅丘ルリ子)がいた…。

懐かしい人たちとの時間。語り合う、寅さんのこと。それは満男たちの心にあたたかい何かをもたらしていく。そして満男とイズミは、リリーから寅との思いがけない過去を聞かされる。

男はつらいよ お帰り 寅さんのネタバレ

1969年から1995年までの26年間、国民的人気を誇った映画シリーズ『男はつらいよ』。主人公・車寅次郎、通称“寅さん”(渥美清)が、日本中を旅して故郷の柴又に戻ってきては、旅先で出会った数々のマドンナとの恋愛模様を繰り広げながら、なにかと騒ぎを起こす。そんなドタバタな寅さんでしたが、日本中から愛される作品となりました。

その寅さんの甥:諏訪満男(吉岡秀隆)は夢の中でかつて結婚の約束をしていた及川泉(後藤久美子)と会っていました。そして満男は中学生の娘:ユリ(桜田ひより)に起こされます
サラリーマンを辞めて、念願の小説家になった満男は最新作の評判は良く、サイン会の提案をされますが恥ずかしいから...と。
次回作の執筆も求められますが、乗り気になれずモヤモヤ。
満男の妻を亡くなっており、娘と2人暮らし。妻の七回忌の法要で、久々に実家を訪れました。親戚が営んでいた草団子屋「くるまや」は 新しくカフェに生まれ変わり、その裏手にある住居に、母・さくら(倍賞千恵子)と父・博(前田吟)が暮らしています。満男は 法事の後、両親や親戚、付き合いの長い近所の人々と、伯父・寅次郎 (渥美清)との日々に花を咲かせました。親戚たちは満男に再婚を勧めますが、余計なお世話だと乗り気ではありません。かつて寅さんに「人間は何のために生きているのか」と問いかけたことがありました。寅さんの答えは

-「生きていてよかったと思う事のために生きているんじゃないかな」-

そのことを思い出していました。




◎イズミ・リリーとの再会

結局行われた書店での満男のサイン会に、なんとイズミの姿が。彼女は現在、国連の職員となり海外で夫と二人の子供と暮らしていたのです。仕事で来日中に偶然 満男のサイン会を知って訪れたのだというのです。満男は妻に先立たれたことは言えませんでした。再会を喜ぶ満男は「会わせたい人がいる」と小さなジャズ喫茶にイズミを連れていきます。そこには、20年以上前に寅さんの最も愛した恋人・リリー(浅丘ルリ子)が。寅さんと何故結婚しなかったのかと問いかけると、満男の母:さくらを通じて間接的にプロポーズを受けていたことを話してくれました。そういえば寅さんはいつも肝心な時に自分から逃げ出していたなあ。満男は寅さんの悪い癖を思い出しました。

イズミは在日中、満男の実家の2階に泊めることに。満男が家に帰るとユリが帰りを待っていました。編集長から依頼されている書き下ろし小説の話。満男は寅さんの旅について行った時のことを思い出しました。寅さんは自らの恋愛をはぐらかす満男にこう言ったのです。

-「思っているだけで言葉で言わないと何もしないと同じだ」-




◎それぞれの家族の絆

翌日、満男は車にイズミを乗せ、イズミの父一男(橋爪功)がいる介護施設まで送っていきました。行きの途中、イズミは両親との関係がうまくいっていないことを明かしました。
施設ではイズミの母:礼子(夏木マリ)が待っていました。両親は離婚しており、今でも父と母の関係ギクシャクしています。
一男はイズミにそばにいてほしいとお願いしましたがイズミはヨーロッパに家族がいるから、と断りました。  


その頃、実家で留守番をしていたユリはメロンを食べていました。さくらはかつて、一家でメロンを食べていたところに寅さんが帰ってきて、自分の分がない!と怒っていた時のことを思い出しました。

満男たちは礼子を乗せ帰りの車の中。イズミと礼子が喧嘩になってしまい、礼子は怒って車から降りてしまいました。満男は礼子に謝りに行くようイズミを説得し、とりあえず仲直り。その後、満男はユリの迎えに実家行きますが、時間が遅くなってしまったののでこのまま泊まることに。

明日にもヨーロッパに帰ってしまうイズミと離れる寂しさを、満男は寅さんに聞いてほしいと感じていました。




◎イズミとの別れ

翌日、イズミを空港まで満男は送りました。イズミは次に日本に帰ってきたら満男の妻に会いたいと言ってきました。その時満男はイズミに初めて妻の死を打ち明けました。
イズミは「満男さんのそういう所が好き」と満男にキス。
イズミはヨーロッパに帰っていき、帰宅した満男はユリからパパは遠い所に行ってた気がした、と言われました。満男は依頼されていた書き下ろし小説を書くと編集社に連絡。

タイトルは「お帰り 寅さん」。
小説の中では、なんと寅さんはものすごく美人な女房と一緒になっていました。

-「困った事があったら風に向かって俺の名前を呼べ。どこからでも飛んで来るから」-

男はつらいよ お帰り 寅さんの口コミやレビュー

男はつらいよ お帰り 寅さんのまとめ

渥美清主演の『男はつらいよ』シリーズ50作目の人間ドラマ。
もう一度寅さんとファミリーのみんなを映画館で見られること自体が奇跡的です。
シリーズを見続けてきた方にはもちろんおすすめですが、初めて『男はつらいよ』を見る方はこの最新作だけでなくいままでのシリーズをご覧になってみてはいかがでしょうか。