アニメ

number24(アニメ)7話無料動画見逃しフル視聴・ネタバレ感想考察!優が茶々学院大学ラグビー部に絡まれる

映画【AKIRA】の無料動画の配信視聴はnetflixやhulu・u-nextどこがお得?pandoraやDailymotionでは見れない?ネタバレ感想考察あり

\number247話を見るならココ!/サービス名配信状況

配信サービス名 配信状況 無料期間
見放題
31日無料
number247話の動画を無料視聴する流れ

U-NEXTに登録をする

number247話を探す

U-NEXTを31日間無料体験を続けるか辞めるか辞めるなら解約でお金はかかりません
今すぐ全話動画無料視聴するU-NEXT31日無料動画見放題に登録

number247話のあらすじ

試合開始直前、優に絡む茶々学院大学ラグビー部メンバー。
それを知った靖也は怒り心頭するものの、優の言葉に思いとどまる。
その代わり、試合で茶々学院を倒すことを約束する。
そして、いよいよ試合がスタート!
しかし、雰囲気の良くない試合展開に焦る堂紫社メンバー。
誠ではなく伊吹が10番になったことを納得していない大成、清一郎の精度の高いキックも不調の中、ついに最悪の事態が訪れる。

number247話のネタバレストーリー

茶々学院大学ラグビー部に絡まれる優

茶々学院大学ラグビー部に挑発される形で試合前のロッカールームで小競り合いを始める両ラグビー部。
夏紗、風雅といった血の気の多いメンバーが食って掛かるが伊吹や郁斗が抑えて事なきを得る。

その頃、コート横で一人試合前の準備をすすめる優は二人の茶々学院大学ラグビー部メンバーに絡まれていた。
丁寧に試合前の挨拶をする優を相手にせず、彼らは優の分析した対戦チームのデータに因縁をつけタブレットを踏み潰して去ってゆく。

そこに通りかかった靖也は壊されたタブレット手に呆然とする優を見つけて、何があったかを察する。
茶々学院のもとへ駆け出そうとする靖也を優は制止し、今は出場停止になるようなことは絶対に起こしてはならないと説得する。
優に諭され冷静になった靖也は、この借りは試合で勝つことで返すことを優に誓い、また試合の間は自分のそばを離れないようにと優に注意するのだった。

試合前の準備を行う堂紫社大学ラグビー部メンバー

試合前のコートでは堂紫社ラグビー部の面々がそれぞれ方法で準備を進めていた。

一人黙々とストレッチに励む体制のもとに誠がやってきてそれを手伝う。
誠は相手チームの選手情報を伝えアドバイスを送るが、大成はいまだに伊吹の復帰によって誠がスタメンから外れたことにわだかまりを感じていた。
そんな大成に「そんな事を考えている暇があるのなら試合に集中しろ」と叱責する誠だが、大成は納得しきれていない表情を見せる。

清一郎、通玄、ポンサクレックの3人が瞑想をしているなか、夏紗と優は清一郎にテーピングを施していく。
清一郎の背中の特徴を説明しながらテーピングをしっかりとこなす夏紗に感嘆する優。
そんな夏紗に対して清一郎は思うところがあるような視線を向けるのだった。

ロッカールームで円陣を組む堂紫社ラグビー部メンバーたち。
キャプテンの岳十による檄にメンバーが応え、いよいよ試合が始まる。

不穏な空気が漂う試合前半

試合開始早々、激しいプレイの応酬が続く。
試合中も両チームの小競り合いが続くが、夏紗のコート外からの睨みやキャプテン岳十の仲裁によって試合はつつがなく進行していた。

茶々学院の反則によりペナルティを得た堂紫社はペナルティキックを選択する。
キッカーは清一郎、簡単な距離からのキックに夏紗は氷を準備することを優に告げてコートから目を外す。
しかし、清一郎はこのキックを外してしまう。
これに驚愕する堂紫社ラグビー部の面々だが、清一郎は続くペナルティキックも外してしまい夏紗までも初めての事態に動揺を隠せない。

伊吹にパスを出すことをためらう大成、相手の狡賢いテクニックに翻弄される風雅、徐々に試合の雰囲気が悪くなる。
そしてついに茶々学院にトライを奪われてしまう。
1トライ1ゴール、茶々学院に7点のリードを許した状態で前半戦は終わる。

ハーフタイム、堂紫社のメンバーはロッカールームで各々が後半に向けての準備をしていた。

夏紗は清一郎に話しかけるが清一郎は「向こうに行っていろ、今は俺に近づくな」と冷たく突き放す。
清一郎を気にかけつつも、彼から離れる夏紗。

キャプテン岳十は風雅、宗介、イーサンらの熱くなりやすい面々に相手の挑発に乗るなと叱咤する。
実力はこちらが上であり冷静になれば勝てると告げる岳十に応える3人。

誠は準備をすすめる大成を半ば強引に廊下へと連れ出す。
前半戦で大成が伊吹にパスを躊躇ったことを叱責する誠。
自分勝手にラグビーを辞めて、復帰した途端に誠のポジションを奪った伊吹を許せないという大成。
しかし、そんな大成の行動こそが自分を貶めていると怒る誠に対して大成は謝罪する。
そして誠も自らの不甲斐なさが大成に馬鹿な行動をさせていると、彼に大きく頭を下げて謝罪するのだった。

清一郎は自らを後半戦のキッカーから下ろしてくれと岳十に進言する。
しかし岳十は堂紫社ラグビー部がもっと先を見据えていることを理由に、キッカー変更という小手先の手段を使うつもりはないと却下する。

始まる後半戦、そして最悪の事態

夏紗から相手キッカーのクセをアドバイスされていた靖也はチャージを成功させ、後半開始早々にトライへと結びつける。
コンバージョンキックに臨む清一郎に対して「外しても俺たちが取り返す、ゴールポスト以外のことは考えるな」と声をかける岳十。
そして清一郎はこのキックを成功させる。
同点となり白熱する試合のなか拓海が相手のタックルによりコートに倒れ込み、足を抑えて苦しむ。

病院でうなだれる夏紗のもとに制服に着替えたラグビー部メンバーたちが駆け寄る。
夏紗は彼らに拓海がアキレス腱を断裂していること、今シーズンは復帰できないことを告げる。

それぞれが苦い思いを抱える後味の悪い敗戦のなか、清一郎は夏紗に「お前はもう試合に来るな、お前がいるとキックが入らない」と告げる。
思いがけない清一郎の言葉に唖然とする夏紗だった。

number247話感想・評価・まとめ!

前回の6話のラストシーンで登場した茶々学院大学のラグビー部ですが、思った以上に悪役に舵を切ったチームでした。
お互いに憎まれ口を叩きあうけれどもライバル関係にあるという、スポーツ物の作品では定番の関係とも考えられたのですが。
優のタブレットを踏み潰してしまうというのは、さすがに一線を超えていて観ていてもイラッときたシーンでした。

今回のエピソードは試合がメインということもあって岳十のキャプテンシーが随所に見られて頼もしかったです。
堂紫社のメンバーは夏紗を含めて直情型が多く、一癖も二癖もあるメンツが揃っているなか彼の立ち回りは堂々として安心感すら感じます。
素早く相手チームとの揉め事の仲裁に入るだけではなく、キックに臨む清一郎に優しく声をかけて落ち着かせるなど納得のキャプテンです。

そして前回、伊吹に強くあたりチームメイトからも反感を買っていた大成が反省のきっかけを掴んだように見えました。
6話での言動は相当なヒールっぷりでしたが、今回は茶々学院というその上を行く憎まれ役が登場したことで彼へのヘイトが和らいだ気がします。
伊吹に対する怒りの原因が高校時代からの先輩である誠のためというのが分かったのも大きいです。
今後の伊吹との和解と試合でのコンビネーションが楽しみです。

そしてラストでは拓海がアキレス腱断裂という今シーズン絶望の怪我を負ってしまい、場面は一気に病院へ。
しかも宗介からは試合に負けたことも明かされて怒涛のマイナス展開でした。
さらに清一郎に至っては夏紗に対して試合にもう来るなという衝撃発言。
これだけ不穏な情報が詰め込まれた7話でしたが、逆に考えればここから先は話が一気に盛り上がっていくことが予想されます。
茶々学院に対するリベンジもこれから先のエピソードで期待したいです。

number247話の動画を無料視聴する流れ

U-NEXTに登録をする

number247話を探す

U-NEXTを31日間無料体験を続けるか辞めるか辞めるなら解約でお金はかかりません
今すぐ全話動画無料視聴するU-NEXT31日無料動画見放題に登録