邦画

カイジ映画人生逆転ゲーム鉄骨渡りで佐原はなぜ落ちた?風圧か気圧や高さによるものか?

カイジの人生逆転ゲームを見ていた時に映画の中で鉄骨渡りがありましたその中で佐原が走る当たって行ったものの最終的には落ちてしまいましたその時になんでこんな場所で落ちてしまったのかと思う場所で落ちてしまうのですがあれは何によるものだったのでしょうか

鉄骨渡りで佐原はなぜ落ちたのか
鉄骨渡りの最後の最後でなぜ落ちてしまったのかというところが気になってしまいました映画の場合の鉄骨渡りは原作の漫画よりも高さが高かったために高さの影響や気圧差による風圧が強かったために来たぐらいの風があると思いますそしてそれ以外にも鉄骨を渡り終えたという安堵していた状態で不意を打たれた状態になり飛ばされたのもあるでしょうそれは心理的な資格をついた状態であり細い鉄骨の上で体を何とか保っていた状態からさらに風が強くなりそして心理的にも安堵したという状況から なってしまったのではないでしょうか。

例えばトイレに急に行きたくなり漏れそうになる状況あるじゃないですかそんな時にギリギリ間に合いそうで間に合わないという時はあると思いますそして最後トイレに着いたと思ったらもしトイレがうまく開かないという状況だったり障害物が何らかあったというここでゴールという状況から遠ざかってしまうと急に危険になると思いますそんな状況とも似たようなものではないでしょうか